マニラ出張(4/2-6) セレモニー参加

[マニラ 5日 ロイター] - ローソン(2651.T)の玉塚元一社長は5日、海外出店を加速する考えを示した上で、5─10年以内に海外の店舗数が国内を上回ると予想した。

記者団に対して述べた。玉塚社長は、フィリピンで20店目となる、フラッグシップ店のオープニングのため、マニラを訪問している。

ローソンの店舗の数は現在、日本で1万2000店以上、海外では761店となっている。海外店の内訳は、中国が655店で最多となっており、残りはタイ、インドネシア、フィリピン、米国ハワイにある。

 

玉塚社長は、買収の機会があれば、真剣に検討する、とも述べた。

関連会社:  Brooks Asset Management Inc.

1255 Treat Blvd Suite 300

Walnut Creek, CA 94597

TEL:+1 952 472 6555

米国現地法人Websiteは以下をクリックしてください。

http://www.brooksasset.com/

 

米国不動産マーケット情報および案件情報はメルマガで配信しております。以下からご登録ください。
eepurl.com/-8Rk1

現地視察ご希望、または、

お問い合わせはこちらから